書評

頑張るのに遅すぎるってことはない、80歳からでもOK

更新日:

頑張るのに遅すぎるってことはない

昨日、「2種類の人生があることを学べた本」という記事を書いたところなのですが、それは「夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え」という本を読んで学ぶことができました。

この本を読んで、僕がもう1点勇気をもらえた事柄があります。

それは・・・

 

頑張るのに遅すぎるってことはない

ってことです。

 

なにかをはじめようとしたときに、もう40歳だしなぁとか、20代だったらチャレンジできたのに・・・と諦めてしまったことはありませんでしょうか?

僕は、サラリーマンをやめて独立することを夢見ていますが、大学生の頃からビジネスを勉強しておけばよかったと思うことがしばしばあります。

ですが、そんなことは不可能です。時間を取り戻すことはできません。

そんなことを言ってたら、いつまでたってもなにも始まらないのです。

 

80歳で輝く人もいる

人生、いつなにがあるか分かりません。

だからおもしろい!(by ジャンポケ斉藤)

 

夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え」という本では、以下のような事例が書かれてありました。

  • カーネルサンダースが頑張り始めたのは、65歳
  • クリスチャンディオールがブランドを立ち上げたのが41歳
  • スキャットマン・ジョンがミュージシャンとしてメジャーデビューしたのが52歳
  • ドストエフスキーがカラマーゾフの兄弟を書いたのは58歳
  • アンナ・モーゼスが筆をとったのは75歳、80歳で個展を開いた

いかがでしょうか?

 

たくさんの人が人生の後半から取り組み始めて歴史に名を残すほどの活躍をしています。

この事例を知り、頑張りはじめるのに年齢は関係ないと確信しました。

 

仮に僕が50歳だとしても、頑張って何かを変化させることができたら、残りの人生が楽しくなります。

何も変わらなければ、人生はそのままです。

何かを頑張って、それ以上に楽しくなることはあっても、人生がつまらなくなることはありません。

そう考えると、人生を変える行動をしないともったいないですよね。

 

ちなみに、遅咲きで活躍した日本人をまとめた本がこちらです。

 

何かはじめようとしているが、年齢がネックで一歩を踏み出せない人にはお勧めです。

 

スポンサー

スポンサー

関連広告

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぴかいち

愛媛県松山市で楽しい人生を送るための努力を惜しまない2児の父です。 本業はWebディレクターですが、子育てしながら遊んでいます。 最近ロードバイクを購入し、自転車通勤を楽しんでいます。 愛媛の子育てやロードバイク、カメラ、Web制作関連の情報をお伝えします。

-書評

Copyright© 愛媛のぴかいちブログ , 2018 All Rights Reserved.