書評

Webディレクターにもオススメのコピーライティングの本

更新日:

この本は読む価値がある

ここらで広告コピーの本当の話をします

久しぶりに読んでよかった~~~と思える本に出会いました。

それは、この本です。

元博報堂の小霜和也さんの本です。

本の帯には、「コピー1本で100万円請求するための教科書」と書いてあります。

 

この本のよいところは、コピーライティングという仕事を通して、「伝える」という行動すべての原点になるものを学べる点です。

 

ですので、コピーライターを目指している人だけに役立つものではなく、お客様のモノ・コトを伝えるWebディレクター、デザイナーはもちろん、ソリューションを提案する営業の方にも絶対に役立つ本であると思います。

 

広告コピーを考えるときに重要な2つのこと

この本に書かれてある内容のうち、すぐに自分の仕事に取り入れよう(意識)しようと思ったのは「広告コピーを考えるときに重要な2つのポイント」という内容です。

その2つのポイントとは、以下の2点です。

  • 商品の具体的な情報、競合情報との違い(USP)を考えること
  • 商品を買ってくれる可能性があるターゲットを考えること

これまでの仕事を振り返ってみると、僕の場合は、「競合情報との違い(USP)を考える」という点について、ついつい抜けてしまうことがありました。

仮にお客様のホームページを作るときに、お客様から「うちの商品は○○がすごいんですよ」と言われて、それを鵜呑みにし、お客様からいただいたデータ(すごさの証明)とともに掲載するという”作業”に陥ってしまう場合があったなぁと、反省しております。

そのすごさを証明するデータがあることで安心してしまい、競合を意識せず、単純に「XXXXが3倍濃厚な○○○」みたいな感じで作ってしまうというパターンです。

 

本来であれば、お客様からいただいたヒントである商品の「すごさ」をもっと掘り下げる必要があるということです。

その観点が「競合情報との違い(USP)」と「ターゲット」の2軸が必ず必要です。

 

競合情報との違いの観点が抜けていると、こんな失敗につながります

たとえば、お客様から教えていただいた「すごさ」について、競合情報と比較したときに、実は競合の方がもっとすごかった・・・みたいな。

または、地元では確かにすごかったけど、全国レベルで見たときにはすでに業界のスタンダードな数値だったとか。

 

ターゲットの観点が抜けていると、こんな失敗につながります

仮にその「すごさ」が確かに業界でずば抜けていたとしても、その部分をターゲットが欲していなければまったく意味がありません。

たとえば、自転車を例にすると、「うちの自転車はタイヤが5つある」「タイヤの数じゃ負けない」っていうのが「すごさ」だとして、仮にターゲットが「自転車通学の学生」だとしたら、「タイヤが5つある」というのが欲しいという気持ちにつながるでしょうか?

ならないですよね。(※自転車通学の学生じゃなくてもタイヤが3つある自転車なんて欲しくありませんけど)

 

タイヤが5つの自転車なんかに乗っていたら、逆にいじめられるかもしれません(笑)

 

今のは極端な(ありえない)例ですけど、そのすごさを考えたときに、”誰”向けに情報を発信をしたら、そのすごさが刺さるのかを考えなくてはなりません。

 

タイヤが5つの自転車だと、誰に売ったらいいんでしょうか?(笑)

 

サーカスの座長?

 

タイヤが5つあることで、安定感が増すのであれば田んぼ道を走る農家?風が強い地域の人?

 

コピーライティングがキャッチコピーを考える行為ではない

コピーを考えるということは、その背景である競合情報やターゲットなど、マーケティング的な要素をしっかりと調査したり、その結果を得てストーリーを考えるということです。

つまり、これはコピーライターだけに必要なスキルではなく、営業やデザイナー、ディレクターにも必要なスキルであると感じました。

この本を読むことで、コピーライティングという仕事の重要性を再認識しました。

 

また、そこを軽んじてWebサイトを作ってしまうと、Webサイトの力を100%使いきれていない、弱いWebサイトになってしまうのではないかとも感じました。

自分が携わる制作においては、そこを意識してやっていきたいなと。

スポンサー

スポンサー

関連広告

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぴかいち

愛媛県松山市で楽しい人生を送るための努力を惜しまない2児の父です。 本業はWebディレクターですが、子育てしながら遊んでいます。 最近ロードバイクを購入し、自転車通勤を楽しんでいます。 愛媛の子育てやロードバイク、カメラ、Web制作関連の情報をお伝えします。

-書評

Copyright© 愛媛のぴかいちブログ , 2018 All Rights Reserved.