書評

2種類の人生があることを学べた本

投稿日:

2種類の人生があることを学べる本

あなたはどちらの人生がいい?

人生には2種類あるそうです。

それは・・・

  1. 頑張る人生
  2. 頑張らない人生

 

「なんだか普通の答え・・・」「つまらん・・・」と思ってしまうかもしれません。

僕も、最初はなんだそんな当たり前でつまらなさそうな話かと、あまり真剣には考えていませんでした。

それは、こういう類の話は、具体的な方法論ではなく、根性論と思ってしまったからです。

結局、気持ちだけ高ぶって、行動に移せないパターンです。

 

でも、僕が読んだ本は具体的な方法論が書かれてあり、かつとても面白いものでした。

 

 

2種類の人生があることを学んだ本とは?

その本は、これです。

 

ベストセラーなので、ご存知の方も多いでしょう。

メジャーなのであえて読んでいないという方も多いかもしれません。

だけど、一度この本を読むことをお勧めします。

 

諦めそうなときに諦めずに続ける方法とは?

この本に登場する神様、ガネーシャによると、諦めそうなときに諦めずに続ける方法は、「苦しみを乗り越えたときに手に入れられるものをたくさん想像すること」だそうです。

さらに、たくさんのことを想像するためには、「ストーリーにすること」が大事なんだとか。

 

たとえば、ダイエットを例にすると、「痩せる」という目標があり、それを乗り越えられたときに手に入れることができる幸せをありったけ箇条書きにする。

  • 痩せることに成功することによって、自分に自信が持てる
  • 自身が持てることによって、異性に話しかけることができる
  • 異性に話しかけることによって、新しい恋人ができる
  • 恋人ができることによって旅行が楽しくなる
  • 海外旅行にも興味が出て、英語を勉強したくなる
  • 英語をマスターすることで、翻訳の仕事が見つかる
  • 翻訳の仕事で映画の世界に入る
  • 映画スターにインタビューすることができる

などなど、どんどん手に入れらるかもしれない幸せの可能性をありったけ書く

そして、それを目に見えるところに貼っておくんです。

逆に、「痩せる」ことに失敗した場合は、これらの幸せの可能性が全部が手に入らなくなると思えば、目の前のちょっとした苦労も乗り越えられるのではないでしょうか?

これ以外にも、この本からは学べることがあったのですが、また追々記載したいと思います。

 

スポンサー

スポンサー

関連広告

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぴかいち

愛媛県松山市で楽しい人生を送るための努力を惜しまない2児の父です。 本業はWebディレクターですが、子育てしながら遊んでいます。 最近ロードバイクを購入し、自転車通勤を楽しんでいます。 愛媛の子育てやロードバイク、カメラ、Web制作関連の情報をお伝えします。

-書評

Copyright© 愛媛のぴかいちブログ , 2018 All Rights Reserved.