雑記

共用レンタルサーバーよりも安くて、すぐ使えるVPSサーバーがあるじゃん

投稿日:

レンタルサーバーよりも安くてイイVPSサーバー

もっと早く気づいていればよかった、このVPSサーバーに

これまで使っていたレンタルサーバーは、月額3000円程度でした。

それで、メモリ1GB、HDD100GBくらい。

 

だけど、このサーバーが遅いのなんの。

 

Concrete5というCMSをのっけてみたんですが、たいしたコンテンツボリュームじゃないくせに、表示が遅いのなんの。

 

コンテンツの作り方のせいかなとも思ったのですが、特にカスタマイズをしているわけでもないし、ごりごりのJSを使っているわけでもないし・・・

 

と思って、サーバーを変えてみたところ、サクサク動く!

 

しかも、これまで使っていたレンタルサーバーよりも安いし、高スペック。

 

 

もっと早く気づいていればよかった、と思った瞬間です。

 

共用レンタルサーバーよりも断然イイ、レンタルVPSサーバー

VPSサーバーは、root権限をもらえるので、いろいろ試してみたい人にとっては面白いレンタルサーバーかと思います。

これまで、共用レンタルサーバーしか触ったことがない人は、VPSのレンタルサーバーをさわると、いろんなことができて驚きます。

 

ただ、VPSのレンタルサーバーを使うには、少し高いハードルもあったりします。

 

それは、自分でWEBサーバー、メールサーバーを立てないといけないことです。

 

基本、VPSサーバーは、クラウド上にOSだけ入った箱だけ借りるイメージに近いので、そのままではWEBサイトの公開も、メールも使えません。

 

なので、初心者(僕を含め)にとっては、選ぶのが怖いサーバーだったりします。

 

 

見つけてしまった、VPSサーバーのくせに、使いやすいレンタルサーバー

今、使っているレンタルサーバーに限界を感じ、同等の金額で、かつ同等レベル以上のスペックのサーバーを探していました。

 

そして見つけたのがGMOクラウドのVPS です。

 

僕が使っているのはメモリが4GBのプラン。

月額2380円(税込)です。

CPUは仮想4コアです。

 

GMOクラウドVPSを選んだ理由

GMOクラウドVPSを選んだ最大の理由は、WEBサーバー、メールサーバーとしてすぐに使えたことです。

VPSサーバーなのですが、「パッケージ型VPS」とよばれ、OSと、コントロールパネル「Plesk12」、Webサーバー、メールサーバー、データベース(MySQL)、PHP、Perl等がインストールされた状態から使うことができます。

 

普通のVPSなら、自分でデータベースなどのミドルウェアをインストールしなければならず、まぁまぁ面倒らしいのです。

これまで共用レンタルサーバーしか使ったことがない人は、普通のVPSを契約してしまうと、真っ黒な画面とにらめっこをし続けることになるでしょう。

 

パッケージ型VPSを選んだことによって、共用レンタルサーバーと同じような感覚で、高スペック、低価格のサーバーを利用することができました。

 

不安な人は、GMOクラウドのVPS の15日間無料プランで触ってみるといいかもしれません。

 

お金をまったくかけることなく、パッケージ型VPSサーバーを試すことができます。

 

少しでもレンタルサーバーが遅いと感じているなら、まずは15日間の無料期間で試してみるといいですよ↓

 

 

スポンサー

スポンサー

関連広告

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぴかいち

愛媛県松山市で楽しい人生を送るための努力を惜しまない2児の父です。 本業はWebディレクターですが、子育てしながら遊んでいます。 最近ロードバイクを購入し、自転車通勤を楽しんでいます。 愛媛の子育てやロードバイク、カメラ、Web制作関連の情報をお伝えします。

-雑記

Copyright© 愛媛のぴかいちブログ , 2018 All Rights Reserved.