おすすめの”身につく”読書法はアウトプット

この記事が少しでもよかったと思っていただけましたら、シェアしていただくと嬉しいです。

身に着く読書法

読書するなら身になるように

「読書して満足」してしまっていませんか?

僕は、読書して満足してしまっている場合があります。(反省)

本来、ビジネスにおける読書とは、何かを身につけたり、スキルアップにつなげたりするためのものです。

 

しかし、いつの間にか、「読書をする」という行動自体が目的になってしまって、肝心の「読書をした後」のケアを忘れてしまうときがあります。

読書をした後、自分の中で何かが変化しなければ、読書をした意味はありません。

 

ネットサーフィンをしていたら、以下の記事があって、ハッとしました。

差をつけるならノウハウ本を捨てて、仕事に関係ない本を読め! 『読書は「アウトプット」が99%』

 

 

読書はアウトプットが99%

たしかになー。

読書はアウトプットがもっとも大事だよなと、改めて思い知らされました。

読書をしたあと、それを誰かに伝えたり、行動に示したりすることで、はじめて読書が身になったといえるのではないでしょうか。

 

読書は、アウトプットをすることを前提に読み始めることで、読み方が変わってくると思います。

読み方が変わってくると、頭へのインストールの深度も変わってきます。

それゆえ、身につく読書ができるようになるのではないかと思います。

 

読書をしたらブログを書く、その際のメモ術

簡単なアウトプットの方法はブログに書くことです。

僕も読書をしたら、できる限りブログに書くようにしています。

ブログに書く(アウトプット)を前提に読書をするので、読書の合間にevernoteに読書メモをとっています。

あとで、evernoteを読み返して、ブログを書くようにしています。

 

本を読んでいて、気になったフレーズや、自分が思ったこと、役立ったポイントをevernoteにまとめておくと、あとでブログを書くのが楽になりますし、この本でどれだけのことを学んだかが可視化され、行動に移しやすいです。

スマートフォンさえあれば、evernoteにメモすることができますので、読書のときはスマホを必ず持っています。

 

evernoteは、オフラインでもメモすることができますので、読書との相性は抜群です。

 

 

ちなみに、evernoteは、写真も保管できますので、本の中に登場した気になる図は、パシャっとカメラでとって、読書メモと一緒に保管しています。

 

evernoteは、読書の際にかかせないツールになっています。

 

⇒ インプットの読書法はこちら

 

スポンサーリンク

この記事が少しでもよかったと思っていただけましたら、シェアしていただくと嬉しいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>