デジカメの液晶についた傷を消す方法。ピカールとアレで磨いたらめっちゃキレイになったよ。

この記事をシェアするShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr

「GR DIGITAL3とピカール

こんにちは、バケル(@bakerukun007)です。

最近、中古でRICOHの「GR DIGITAL3」を購入しました。

その液晶の傷を消すことができたというお話です。

まずは、ビフォー・アフターの画像をご覧ください。

↓ビフォー

「GR DIGITAL3」の液晶の傷

↓アフター

GR DIGITAL3の液晶修理完成形

 

おーーー、だいぶ綺麗になりましよ。

我ながら驚くべき成果でした。

こんな感じでデジカメやスマホの液晶の傷を消す方法をご案内します(動画あり)。

「GR DIGITAL3」を購入した話

本題に入る前に少しだけ…。

GR DIGITAL3は、昔、欲しいなって思っていたカメラです。

それが今なら中古で20,000円未満で買えちゃうんですよね。

そういう商品って結構ありませんか?

昔は高かったけど、今は安いみたいな。

ちなみに僕はカメラのキタムラ ネットショップ で買いました。

誰かわからない人の中古って怖いじゃないですか。

動かなかったり、状態が悪すぎたり…。

なので、カメラのプロであるカメラのキタムラの中古を選びました。

実際に購入して思ったんですが、カメラを中古で買うなら絶対カメラのキタムラがイイって話です。

なぜなら、

  • 中古なのに6か月の保証がついている
  • ネットで注文して店舗で実機を確認したあと、買うかどうか決めてOK
  • 店舗受け取りなら送料無料

↑これヤバくないですか!

中古なの保証がついてるので、めちゃくちゃ安心です。
そして、実機を見てから購入するかどうか決めていいって、神ですかと。
なんて、太っ腹なんだ。

僕は店舗受け取りで購入したんですが、店員さんが神対応でした。

このエピソードは、またいつか記事にしたいと思います。

→ カメラのキタムラ ネットショップ 

中古で購入した「GR DIGITAL3」の液晶の傷を消したい

さて、本題です。

とりあえず、一連の流れを動画にしましたので、こちらをご覧ください。

中古で購入して問題なく使える「GR DIGITAL3」ですが、少し気になることがありました。

それは、液晶画面の傷です。

「GR DIGITAL3」の液晶の傷

はじめは気にしていなかったんですが、徐々に気になり始めて、「なんとか傷を消したい」と思うようになりました。

そして、いろいろ調べてみたところ、自分でもできそうなやり方を見つけました。

「ピカール金属みがき」で液晶を磨くと傷が消えるらしい

「ピカール金属みがき」というホームセンターでも購入できる商品があるらしいです。

それを使って液晶を磨くと、なんと傷が消えるとのこと。

これは試してみるしかない!っていうことで、さっそく近所のホームセンターに出かけました。

が、残念ながら近所のホームセンターでは取り扱っていなかったみたいなので、amazonで購入しました。

amazonでピカールを購入したら、293円という激安価格でした。

こんな安い商品で本当に液晶の傷が消えるのか…。

ピカール金属みがき

ピカール金属みがき

ちなみに、この「ピカール金属みがき」で磨くってことは、液晶にもともとついているコーティングを削るということになるらしいです。

ですので、液晶を研磨したあとは、液晶保護シールみたいなのを貼っておきたいと思い、こちらもamazonで購入しました。

液晶プロテクターは、900円くらいでした。

「GR DIGITAL4」の液晶プロテクター

デジカメの液晶を「ピカール金属みがき」で磨いてみた

おそるおそる、「GR DIGITAL3」の液晶をピカールで磨いてみました。

どのくらいのピカールをつければいいのか、そのあたりも全く分かりませんでしたので、自分の勘を頼りに「えいやーっ!」で試してみました。

ピカールを布につける

ピカールでデジカメの液晶を磨く

少し磨いただけですと、まったく効果はありませんでした。

でも、それを10分、20分と続けていると、なんとなく傷が目立たなくなったような気がします。

液晶を10分くらい磨いたあと

そこでもっと細かく磨きたいなと思い、「綿棒」を使ってみることにしました。

ピカールと綿棒のコラボレーション

これが大当たり!

綿棒を使うと、ピンポイントで傷を修復できました。

液晶の端っこの部分も、綿棒なら割と簡単に磨くことができます。

綿棒で磨く時のコツは、円を描くように磨くことです。

こうすることで、かなり効率がアップした気がします。

磨いたあとは、液晶プレテクターを貼る

最後の仕上げとして、液晶プロテクターを貼りました。

「GR DIGITAL3」専用のものは販売されていないようでしたが、「GR DIGITAL4」と液晶のサイズが全く一緒らしいので、「GR DIGITAL4」専用の液晶プロテクターを購入しました。

液晶プロテクター(GR DIGITAL4)

「GR DIGITAL4」の液晶プロテクターでも問題なく貼ることができました。

GR DIGITAL3の液晶修理完成形

デジカメの液晶の傷を修繕する方法のまとめ

個人的には大満足の結果でした。

ピカールで液晶を磨くのに少し時間はかかりますが、傷を綺麗に修繕できるのであれば、やってみる価値はありますね。

デジカメの液晶の傷を修繕する方法

  1. 液晶をピカールで磨く
  2. ピカールで磨くときは、綿棒を使う
  3. 綿棒を使うときは、円を描くようにして磨く
  4. 磨き終わったら乾いた布でピカールをふき取る
  5. 最後に液晶プロテクターを貼る

 

もし、デジカメやスマホの液晶に細かな傷がついてしまった場合は、こちらの方法を試してみるといいかもしれません。

ただ、あくまで自己責任でお願いしますねwww

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事をシェアするShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です