じゃがバター最高!南富良野の「バタじゃが」がレンチンだけでうますぎ

この記事をシェアするShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr
南富良野のバタじゃが

レンチンだけでホクホクのじゃがバターが食べられる「バタじゃが」がうますぎます

北海道展で見つけたじゃがバターがかなりアタリでした

愛媛県の松山市のデパートやスーパーでは、ちょくちょく北海道展が開催されます。

毎回、何かしら買ってしまうのですが、今回は、早くもリピーター確定の商品に出会ってしまいました。

 

それは、南富良野のじゃがバターならぬ「バタじゃが」です。

 

僕は、じゃがいも料理全般好きなのですが、なかでも、じゃがバターは大好きです。

ホクホクな食感に、バターのうまみがたまりません。

 

ただ、じゃがバターを自分で作ろうと思うとなかなか大変ですよね。

 

 

今回、購入した「バタじゃが」は、非常に手軽に作れちゃいます。

というか、すでにできています。

 

 

調理方法は、レンジで1分30秒チンするだけです。

 

商品パッケージはこんな感じです。

バタじゃがの商品パッケージ。小分けになっているので、1つ1つ食べられます。

バタじゃがの商品パッケージ。小分けになっているので、1つ1つ食べられます。

 

これを手に取ると、うちの子どもが寄ってきます。

食べさせろ・・・と。

 

子どももじゃがバターが好きなんです。

 

1分半のレンチンだけでほくほくのじゃがバター

バタじゃがを手に取ると子供が寄ってきます。

 

レンジでチンをする前に・・・

調理方法は、非常に簡単で、基本はこのままレンジでチンをするだけです。

ただ、レンチンする前に、2~3箇所穴をあけておきます。

つまようじやフォークで数ヶ所刺せば、それでOKです。

レンチンする前に穴を開けます。僕の場合はつまようじでプスっ。

レンチンする前に穴を開けます。僕の場合はつまようじでプスっ。

 

これで準備は整いました。

 

レンジで1分30秒程度温めますよ

このパッケージのまま、レンジに放り込んで、あたためスタートです。

このパッケージのままレンジに放り込めるのが楽チンです。

このパッケージのままレンジに放り込めるのが楽チンです。

 

あたためが完了したら、取り出します。

 

取り出すと、すでにホクホク。早く食べたい。

取り出すと、すでにホクホク。早く食べたい。

 

取り出すと、こんな感じで、パッケージの袋が膨らみ、水滴がついています。

 

ホクホク感がハンパないです。

 

このとき、バターの汁が開けた穴から多少出るときがあるので、お皿に載せることをおすすめします。

 

「バタじゃが」のパッケージを手で開けられます。

「バタじゃが」のパッケージは、切り込みが入っています。

なので、ハサミやカッターなどの道具は一切必要なし!です。

 

バタじゃがのパッケージは、切り込みが入っているので、手で簡単に開けられます。ほくほく。

バタじゃがのパッケージは、切り込みが入っているので、手で簡単に開けられます。ほくほく。

 

 

 

ホクホクのバタじゃがは、フォークで「すぅーーーっ」と切れます。

ホクホクなので、フォークで押すと、皮ごとすーーーっと切れます。

ホクホクなので、フォークで押すと、皮ごとすーーーっと切れます。

驚いたのは、レンジでチンをしただけのじゃがいもが、フォークで押すと、「すーーーーーーっと」簡単に切れてしまったことです。

 

なんてやわらかいんだ!

 

歯がなくても食べられそう。

 

それだけホクホクなんです。

 

さらに、皮が薄いので、皮ごとサクッと切れちゃいます。

 

この皮の食感が食べたときに、またいいーーんです。

 

あとは、食べるだけ

ホクホクのバタじゃが、うまし!

ホクホクのバタじゃが、うまし!

 

あとは、もーーーーー、食べるだけです。

 

ホクホクの食感に、ほんのりバターの甘みが効いて、最高です。

 

しかも、食べるまでの手間がかからなさすぎ!

 

なので、子供の朝ごはんにも最適です。

 

取り寄せが通販で可能なバタじゃが。楽天がお得。

北海道展で購入したのがきっかけですが、ネットで探してみると売ってますね。

「楽天」には「バタじゃが」が結構ラインナップされています。

今の時代は、ネットで買えるので便利ですねー。

 

南富良野の「バタじゃが」はこちらで購入するとお得ですよ。

 

まとめ買いをする人も多いみたいです。

25個入りのセットだと、さらにお得ですね。送料無料だし。

 

毎日食べてもあきない味かと思います。

よろしければぜひ。

 

この記事をシェアするShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です