僕が実践してるGoogleAnalyticsから自分のアクセスを除外する超簡単な方法

この記事をシェアするShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr

google analyticsで自分のアクセスを除外する方法

自分のアクセスを除外したGoogleAnalyticsのデータが見たい

GoogleAnalyticsで自分のサイトのアクセス数や平均滞在時間、直帰率などが測れるわけですが、サイトの更新をしている自分のデータが含まれてしまうと大きくブレが生じてしまいます。

 

とくに記事のチェックなどをしていれば、平均滞在時間は、圧倒的に上がってしまいます。

 

そこで、自分のアクセスを除外する方法はないか調べてみました。

 

いろいろあるけど、一番楽な方法はこれじゃないかなと

IPアドレスを除外したり、Wordpressのソースを書き換えたりするなど、いろいろな方法があるみたいですが、結局一番簡単そうなのは、ブラウザにアドオンを入れることだと思います。

 

Google アナリティクス オプトアウト アドオンをインストールすべし

このアドオンは、インストールされているブラウザでアクセスした場合、GoogleAnalyticsにそのデータが反映されないようになります。

ただ、自分のサイトだけではなく、他人のサイトのGoogleAnalyticsに対しても同じように作用しまので、他人のGoogleAnalyticsにも自分のアクセスが反映されません。

 

登録方法は超簡単

登録方法は簡単で、Google アナリティクス オプトアウト アドオンのダウンロードサイトにアクセスして、「Google アナリティクス オプトアウト アドオンをダウンロード」ボタンをクリックして、進めるだけです。

 

↓ダウンロード画面はこんな感じです

 

Google アナリティクス オプトアウト アドオンの画面

Googleアナリティクスオプトアウト ダウンロード画面

このアドオンをインストールしてあるブラウザでアクセスすれば、GoogleAnalyticsは、自分の更新作業を除いたデータで集計してくれます。

 

Google アナリティクス オプトアウト アドオンをインストールした日をメモしておこう

Googleアナリティクス オプトアウトをインストールした前と後で数字を見比べてみたいですよね。

自分のデータを除くとどれだけの直帰率やPV数になるのか。

 

それを忘れないために、GoogleAnalyticsにインストールした日をメモしておくことができます。

 

まず、GoogleAnalyticsの「ユーザーサマリー」画面のグラフの下にある「▼」をクリックします。

GoogleAnalyticsにメモを残そう

Googleアナリティクス ユーザーサマリー画面

すると、下の図のようにメモの入力部分が表示されます。

Googleアナリティクスのメモ部分

Googleアナリティクス ユーザーサマリー画面(メモ欄表示)

この「新しいメモを作成」をクリックして、Googleアナリティクスオプトアウトを導入した日をメモしておきましょう。

 

こうしておくことで、データの比較がしやすくなります。

 

このメモ機能は、Googleアナリティクスオプトアウトの導入に限らず、自分のサイトやブログで何か試してみたことがあったら、それをメモしておくと、あとで分析がしやすくて便利ですよ。

 

 

 

この記事をシェアするShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です