一升餅で幸成堂(餅屋)のリピーターになった我が家

この記事が少しでもよかったと思っていただけましたら、シェアしていただくと嬉しいです。

一升餅

一升餅って知ってますか?

一升餅っていうのは、子供が1歳になったときに、「一生食べ物に困らないように」という願いを込めて、こどもに一升分のもち米で作った餅を背負わせるという儀式のようなものです。

その重さは約2Kgになるそうです。

我が家の子どもも1歳を迎えたので、その願いを込めて一升餅を背負わせることにしました。

 

一升餅は小分けタイプを買いました

一升餅は、一升分の餅がひとかたまりで売られているものもあるのですが、それだと「食べるときに困るだろう」ということで、小分けになっているものを探しました。

そして、せっかくなので子供の名前を入れてくれるサービスがあるものを選びました。

 

自分の子どもの名前が入った餅が届くと、テンションが上がりますねwww

 

結果、我が家で選んだのは、幸成堂という和菓子専門店のお餅です。

 

実は、「幸成堂」での購入は2回目

一升餅の写真

我が家には、子供が2人いまして、上の子のときも「幸成堂」の一升餅にしました。

そのとき食べた餅がかなりおいしかったので、今回も「幸成堂」の餅にしました。

 

このお店で注文すると、つきたての餅を誕生日の朝に届けてくれたので、すごくよかったです。

ちょうどその日に、子供の誕生会をしましたので、家族・親戚が集まったときに、子どもが一升餅を背負う姿を見ることができて、盛り上がりました。

 

リピーターになるとき思うこと

「味がおいしいとリピーターになるんだぁ」って自分でも驚きました。

それと、正直、もう一回お店探しをするのが面倒という気持ちもありました。

 

人は、毎回毎回商品を吟味するのではなく、一度経験したことがあり、ある程度満足した商品なら、再度探す手間をおしんで、それほど検討せずに、前と同じ商品を選ぶんですね。

 

 

調理方法は超簡単

つきたてのお餅なので、その日に食べるともちろんおいしいですが、次の日に食べても柔らかくて、これまたおいしかったです。

 

調理方法も簡単で、レンジで「チン」をするだけ。

 

あとは、醤油砂糖につけて食べれば、それだけで満足できてしまいます。

 

一升餅じゃなくても、普通においしいので、お正月にもいいかもしれません

⇒ 幸成堂のサイト

 

スポンサーリンク

この記事が少しでもよかったと思っていただけましたら、シェアしていただくと嬉しいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です