【書評】「任せ方の教科書」(出口 治明著)を読んで

この記事をシェアするShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr

【書評】「任せ方の教科書」(出口 治明著)を読んで

プレーイング・マネージャーになってはいけない

まさに僕が今悩んでいたことはこれ。

チームを管理する立場にいながら、一番忙しいのは自分。

それは、チームメンバーに仕事を任せ切れていないからだと感じていました。

 

そのあたりについて、何かヒントになるような本はないかなと、探していたら出てきたのがこの本です。

出口治明さんは、あの有名なライフネット生命の代表取締役の方ですね。

一度、講演会に参加したことがありますが、テレビで見るのとほぼ変わらない暖かい雰囲気の方です。

 

そんな方のチーム作りの理論をこの本では学ぶことができます。

 

仕事を抱えてしまう上司の残念な共通点

この見出しが本書の中にあります。

あ、まさに僕のことだ・・・

 

どんな共通点なんだろうと、本に吸い込まれました。

 

出口さんいわく、残念な共通点は3つあるそうです。

  1. 「人間の能力や使える時間は有言である」ことがわかっていない

  2. 部下の仕事が「60点」では納得できない

  3. 判断のスピードが遅い

 

すべてに当てはまるような気がする・・・(笑)

 

この中でも2番目の話。

 

「自分だったら80点以上の仕事ができるのに、部下に任せると、60点しか取れない。だったら自分がやった方がいい」

 

こんな風に考えている人はいませんか。

 

はい、僕です。

 

僕の場合は、自分でやった方が早いから自分でやる、というもっと最悪なパターンですね。

 

このように考えてしまうと、部下も育たないし、自分が忙しくなり、周りが見えなくなり、チームがまわらなくなるという悪循環に入っていきます。

 

上司は、60点でもOK!と割り切って部下に任せていくことが大事なんだそうです。

 

ただ、その60点の結果は上司が責任を負います。

部下のせいにしてはいけません。

 

 

60点でOKをだし、自分でボールを持たない

僕がこの本を読んで「やろう!」と決めたことは、「60点でOKをだし、自分でボールを持たない」です。

 

自分のチームに仕事が舞い込んできたときは、「誰に任そうか」「ここまで僕がやろう」とか、あまり悩まず、「できるかもしれない・・・」くらいの部下にまずは任せてみることにします。

自分があーだこーだ悩んでボールを持った状態ですと、頼まれた人の作業時間が短くなってしまいます。

 

さっさと誰かに任せる!

 

その判断をとにかく迅速にしないといけません。

 

 

そして、部下からあがってきたアウトプットは60点を合格ラインにして、OKを出す。

 

失敗したら、自分が責任をとる!

 

という覚悟と振る舞いをとっていきたいと思います。

 

実践に使える本でした。

 

 

次回は、出口さんがすすめる「古典」の本を紹介したいと思います。

 

1冊の古典はビジネス書10冊に勝る!

 

とのことです。

この記事をシェアするShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です