ネットで空き室がない場合でも旅館やホテルの予約をとれる場合があります

この記事が少しでもよかったと思っていただけましたら、シェアしていただくと嬉しいです。

旅行代理店は必要だと感じた、シルバーウィーク前

旅行の宿泊予約なんてネットだけあればいいと思ってた

9月には、シルバーウィークとよばれる連休がありますので、旅行を計画している人も多いのではないでしょうか?

僕は、久しぶりに家族で旅行に行くことにしました。

 

といっても、四国内なので比較的近所です。

行先は香川県のレオマワールド

 

レオマワールドなんて知らない人も多いでしょう。

東京はディズニーランド、大阪はUSJ、四国はレオマワールドです。

 

まだ1ヵ月前だし、旅館なんてすぐにとれるだろうと高をくくっていたのが間違いでした。

ちなみに僕は小さい子どもがいるので、洋室のホテルではなく、和室の旅館を希望していました。

 

楽天、じゃらん、JTB、るるぶ・・・などなど、あらゆるネット系の空き室検索をしてみましたが、シルバーウィークの空き室がほとんどない状態でした。

連休ともなると、かなり埋まるの早いんですね。

 

みんな、いつから旅行の計画を立ててるんですか?

日本人の計画性の高さに驚きながら、ぜんぜん泊まれそうな宿がないので少し焦っていました。

 

ネットがダメでも旅行代理店に直接聞いてみる

ネットで予約がとれなくても諦めてはいけません。

ネットがだめでも近所の旅行代理店に聞いてみてください。

 

僕は、職業柄、旅行代理店やホテル業のWEB予約システムなども提案したことがあるので、ネットとリアルの店舗の空き室状況が異なっている場合があることを知っていました。

ホテル側の予約システムによっては、ネット用の空き室とリアルの予約の空き室を分けて管理している場合があります。

 

 

特に旅行代理店は、ツアーなんかも持っていたりするので、ある程度の部屋数を確保しているケースがあります。

 

僕はこの度、それに救われました。

 

ネットでは空き室がなかった旅館を、旅行代理店経由で、見事に予約をすることができました。

 

よかったーーー。

 

最近までは、宿泊施設を予約するならネットでしょ!もはや旅行代理店の窓口で予約する必要なんてないでしょ!なんて思っていましたが、旅行代理店で予約するメリットもあるんですね。

 

旅行代理店で予約することのメリット

今回、僕自身が体験して思った旅行代理店のメリットをまとめたいと思います。

  1. ネットで空き室がなくても旅行代理店なら予約できる場合がある
  2. 旅行代理店の店員に細かなことを質問できる
  3. 旅行代理店が特典を持っていることがある

 

3番目の特典については、旅行代理店が現地の温泉施設などと提携していたりして、「おみやげのプレゼント券」をくれたり、近くのお店の割引券をくれたりします。

今回予約した温泉では、おみやげとして「うどん」がもらえる券とか、近くの温泉施設の温泉に無料で入浴できる券とか、地元の醤油屋さんで醤油がもらえる券とか、ネットで申し込むよりお得なサービスが受けられました。

 

旅行代理店で予約することのデメリット

逆にデメリットとしては、楽天トラベルなどで申し込めば「ポイント」が貯まりますが、それがありません。

 

デメリットをカバーする方法

ただ、これについては、旅行代理店への支払いをポイントがつくクレジットカードですませれば、カバーできます。

 

旅行は、金額が高いのでポイント還元率が1%だったとしても結構なポイントが貯まります。

10万円の旅行をしたら、1000円分のポイントですよね。

1人あたりのお土産代のたしにはなります。

 

ちなみに、僕が調べた限りポイントの還元率が高いクレジットカードは、「楽天カード」ですね。

 

僕はこれまでTポイントが貯まるTカードをメインのクレジットカードとして利用していました。

しかし、それが後悔のはじまりでした。

 

Tカードで買い物をしたときのポイント還元率は0.5%だったのです。

 

楽天カードのポイント還元率は1%なので、楽天カードにしておけば2倍ポイントがついてたってことですよね。

 

ガーーーーーンです。

 

 

Tカードで携帯料金や光熱費、その他毎月引き落とされるものを支払っていたので、すぐにポイントが貯まってたんですよね。

気づけば3000円とか。

 

でも、楽天カードにしておけば、6000円だったってことですよね。

 

 

 

これから旅行代理店に相談しようとしているあなたは、楽天カードを作っていった方がお得かもしれません。

金額が高い旅行ならなおさらです。

 

少しでもお得に過ごしましょう。

 

スポンサーリンク

この記事が少しでもよかったと思っていただけましたら、シェアしていただくと嬉しいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です