キングダム芸人を見てキングダムを読み始めた結果、中毒かも

この記事が少しでもよかったと思っていただけましたら、シェアしていただくと嬉しいです。

キングダム芸人を見てキングダムを読み始めた結果

アメトーークのキングダム芸人の影響をモロ受けた僕

アメトーークは僕が好きな番組のひとつです。

他の番組は見ないけど、アメトーークだけは見るという人も多いのではないでしょうか。

そんなアメトーークで「キングダム芸人」なるものが放送されました。結構前ですが。

キングダムとは?

そもそも「キングダムってなに?」というあなた。

安心してください。僕もアメトーークを見るまでは、キングダムを知りませんでした。

キングダムというのは、漫画です。コミックです。

内容は、秦の始皇帝の話です。

 

「中国の歴史漫画かーーー。なんだか難しそうなテーマだなぁ。」

 

なんつって、敬遠するのはまだ早いです。

キングダムは、たしかに歴史物の漫画ではありますが、そのストーリーはかなりハマります。

 

そう、僕はアメトーークの影響をモロに受けて、「キングダム」を読み始めています。

今、8巻くらいまで読みました。


 

単行本を読み始めた結果、ヤバイ、中毒かも。

アメトーークの番組の中で、芸人のみなさんがしきりに、「○○巻まで読んだら抜けられなくなる」と豪語していましたが、その意味が分かりました。

これはオモシロイデスヨ。はっきり言って。

はまりました。

 

 

 

昨晩も夜中の3時まで読んでましたね、気づけば。

ちょっと早くも中毒になりつつあります。

 

僕がちゃんと漫画を読んだのは、かなり久しぶりです。

最後に、きちんと漫画にハマったのは、「20世紀少年」かもしれません。

20世紀少年にハマったときは、仕事が終わってから漫画喫茶に行って、朝方まで読んでいました。

そして、寝不足のまま会社に行き、また夜まで仕事して、深夜は20世紀少年を読むという生活。

 

なんだかその頃を思い出させてくれた漫画ですね、キングダムは。

ハマルという表現よりも、中毒になるという表現が近いかもしれません。

 

アメトーークで特集されるだけあって、かなりおすすめの漫画です。

 

そして、「なぜキングダムは面白いのか?」を考えてみました。

⇒「これがキングダムの面白さと弱点だ!

スポンサーリンク

この記事が少しでもよかったと思っていただけましたら、シェアしていただくと嬉しいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>