はじめてのひとつのことをマスターする方法

この記事が少しでもよかったと思っていただけましたら、シェアしていただくと嬉しいです。

はじめてのひとつのことをマスターする方法

夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え」を読んだ感想を2回ほど記事として掲載していますが、まだ言い足りない部分があったのでお伝えしたいと思います。

これまでの記事

 

今回お伝えしたかったことは・・・

はじめてのひとつのことをマスターする方法

です。

ひとつのことをマスターしたいけど、何からしていいか分からないってことありませんか?

僕はよくあります。何からしていいのか分からないので、それ以上進めず、結局何もせず熱量が冷め、何も身に着けず終了する、みたいな。

それって本当にもったいないことなんです。

なので、何かをマスターしたいと思った時に、手順や方法を知っていれば、とりあえず1歩進むことはできます。

とにかく行動してみて、自分に合うかどうか判断すればよいと思います。

 

それでは僕が本から学んだ3つの方法をご紹介します。

1.うまくいっている人のやり方を調べる

新しく取り組もうとしていることは、未知の世界なので自分で考えてしまっては何も進みません。
自分流でやろうとするからうまくいかない。
なので、すでにうまくいっている人のやり方を調べることからはじめればいいんだそうです。
僕がやっているうまくいっている人の方法を調べるには、
  • その業界の人物をfacebookやtwitterなどのSNSでフォローする
  • その業界の人物の本を読む(買うお金がなければ図書館で借りる)

とかですかね。

ちなみに以前にブログで「読みたい本がありすぎるけど全部買えない場合の対策」という記事を書いてますので、もしよければこちらも合わせて読んでいただけると幸いです。

2.一度自分のやり方を捨てうまくいっている人のやり方を徹底的に真似る

頭がいい人は、うまくいっている人のやり方を知っても、それよりもこの方がいいはずだ!といった感じで、勝手に自分流にカスタマイズしてしまう傾向があるようです。
でも、そうすると結局それはうまくいっているやり方ではなくなり、自分流になってしまうので、失敗したり長続きしなかったりしてしまいます。
なので、いったん、成功している人の言うことを信じて、真似ることに徹することをおすすめします。
それでダメだったらアレンジすればいいのです。
あと、これは本に書いてあったことなんですが、「自分にはそのやり方は当てはまらないみたいな感じで、実行に移さないひとがほとんど」らしいんですね。
なので、真似ることすらやらない人が多いので、真似ることをするだけでアドバンテージなわけです。

3.空いた時間をすべて使う

余計なことをせずに空いた時間はマスターすると決めたことに徹することです。
浮気をしていろんなことをしようとすると結局成功しにくくなるのではないでしょうか?

これはこの本に限らずいろんな本で言われていることですので、きっと間違いないのでしょう。

1つのことに集中して時間を使うことで、マスターに近づけるのです。

スポンサーリンク

この記事が少しでもよかったと思っていただけましたら、シェアしていただくと嬉しいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です