本場でも通じる売れるホームページに必要な3つのポイントテクニック

この記事が少しでもよかったと思っていただけましたら、シェアしていただくと嬉しいです。

売れるホームページ

「個人事業・中小企業者のための売れるホームページに必要なたった3つのポイント」を読んでみた

Kindle版書籍で上位にランクインしていた「個人事業・中小企業者のための売れるホームページに必要なたった3つのポイント」という本を読んでみました。

 

この本によるとその3つのポイントとは、以下の3つでした。

  1. ターゲットをとことん絞り込む

  2. 選ばれる理由を明確にする

  3. 売れるキーワードでアクセスを集める

 

僕もホームページを作る仕事をしている一人として、確かに、この3つは重要かと感じています。

特にターゲットをとことん絞り込むということは、まず第一にやっておくべきことかと思います。

 

ターゲットを絞り込めないと、2つ目の「選ばれる理由」も「売れるキーワード」も定めることができません。

 

といいますのは、たとえば、ニンテンドーDSのホームページを作るとして、ターゲットが母親だとしたら、選ばれる理由は「子供向け学習ソフトが充実」とか「テレビゲームよりも電気代がお得」とか、「子どもがゲームに集中している間に自分の時間が持てる」などになり、売れるキーワードとしては、「ゲーム機 セール」「子供向け おすすめ ゲーム」とかになってきます。

 

しかし、ターゲットが「中学生」だとしたら、「選ばれる理由」は、「みんな持ってる」とか「友達と対戦できる」とか、「受験に役立つソフトが充実」などになり、「売れるキーワード」としては、「ニンテンドーDS 青」や「ニンテンドーDS 中古」などになってきます。

 

このように、ターゲットが定まることで、「選ばれる理由」も「売れるキーワード」も変わってくると思います。

 

この考え方については、最近読んだ本の中でこちらが役立ちました。

この本は広告コピーの話なのですが、ホームページ作りにも非常に役立つ考え方が満載ですのでオススメです。

 

この本には載っていない売れるホームページの4つ目のポイント

僕がこの本を読んで感じたこととしては、共感できる部分が多かったこと。

そして、この売れるホームページとなると、「問い合わせしやすさ」という観点も必要かと感じました。

いくら、ターゲットに魅力的な情報を分かりやすく伝えられたとしても、極端な話、そのホームページに電話番号やお問い合わせフォームがなければ、売り上げにはつながりません。

 

いかにサイト訪問者とサービス提供者(または販売者)をマッチさせるかが、「売れる」という行為において重要になってくるかと思います。

 

電話番号やお問い合わせフォームがなければ、もしくは見つからなければ、サイト訪問者の熱は冷め、サイトから離れていってしまうでしょう。

それは多大なる機会損失です。

 

ですので、「鉄は熱いうちに打て」という言葉のとおり、サイト訪問者が「欲しい」と思ったときに、ストレスなく「買う」というボタンや「問い合わせる」というボタンがあり、すぐにその行動に移れるようにしておくことが理想です。

 

そのため、4つ目のポイントとしては、(「買う」や「問い合わせ」などの)「アクション部分を最適な位置に分かりやすく設置する」ということが挙げられると思います。

 

 

スポンサーリンク

この記事が少しでもよかったと思っていただけましたら、シェアしていただくと嬉しいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>