いよてつ高島屋にあるレストラン「ロゼット」でみきゃんオムライスを頼んだら子供が大喜び!

この記事をシェアするShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr

いよてつ高島屋8Fレストラン「ロゼット」

こんにちは、バケル(@bakerukun007)です。

いよてつ高島屋に行きましたら、なんだかお腹が減ってきまして、何か食べようってことになりました。

いよてつ高島屋の8Fには子供が喜びそうなメニューが

8Fのレストラン街を歩いていると、気になるメニューが・・・。

みきゃんオムライス

みきゃんオムライス!

これは、子供が喜びそう!ってことで、「ロゼット」というレストランで食事をすることにしました。

本当に、こんな感じで出てくるのでしょうか・・・。

気になります。

レストラン「ロゼット」は、お得だった

僕ははじめて「ロゼット」というお店に入ったのですが、「サラダとスープが食べ放題」とのこと。

これはイイですねー。

〇〇放題という言葉に弱いんです、僕。

お得なワケは、サラダバーとスープバー

サラダバーとスープバーはこんな感じです↓

サラダバーとスープバー

サラダの種類は、ポテトサラダや海藻サラダ、大根サラダに、キャベツのサラダなど、割と豊富でした。

それと、この日だけかもしれませんが、ライチが食べ放題でしたよ。

スープは、卵スープでした。

注文したメニューが来るまでは、サラダバーとスープバーでまったりしました。

やっぱりみきゃんオムライスが気になる

で、メニュー表を見たら、ありました。

みきゃんオムライス。

800円です。

みきゃんオムライスのメニュー

子供は迷わずコレを選びました。

大人はハヤシライスを頼みました。

みきゃんオムライスがきたー

満を持して、注文したみきゃんオムライスが運ばれてきました。

これです↓

みきゃんオムライス

もうちょっとアップで。

おー、なんかいい感じ。

本物のみきゃんは、鼻がハートの形だったような・・・。

そんな細かいことはいいとして、とりあえず子供は大喜び(←これが大事!)

頼んだ甲斐がありました。

ちなみに、本物のみきゃんはこれ↓

みきゃんオムライスを食す

子供はみきゃんのどの部分から手をつけるのだろう・・・。

みきゃんオムライス2

ど真ん中!

みきゃんオムライス

やっぱ、鼻か!

食べてるところ

味はおいしいらしい。

オムライス

ぐへ。

5歳児には多かったらしく、子供が半分くらい食べて、残りはスタッフが僕が食べました。

普通に美味しかったですね。

おまけのハヤシライス

大人の僕はハヤシライス。

おいしい。

ハヤシライス

ハヤシライスと、サラダバーとスープバーがあれば、お腹いっぱいです。

帰りにお得なチケットを貰いました

「ロゼット」さんは、リピーター対策がしっかりできておりますw

帰り際に、ドリンク&デザートの無料チケットをいただきました。

無料チケット

しかも、飲み物(コーヒー、紅茶、ジュースなど)はおかわり自由とのこと。

これは、地味に効きます。。。

1月は祖母の誕生日なので、おそらく子供を連れて、またくるりんに乗りに来るでしょう。

そのときは、「ロゼット」で食事しちゃうんじゃないかなと。

レストラン「ロゼット」のご紹介

ここで簡単に「ロゼット」の基本情報をご紹介します。

  • 営業時間 11:00~22:00(ラストオーダー料理は21:00、デザート・ドリンクは21:30)
  • 電話 089-948-7025
  • 座席数 72席
  • 予約 可能
  • 個室 無し
  • ベビーチェア 有り

まとめ

いよてつ高島屋に子どもと一緒に行ったらランチやディナーで「ロゼット」に行ってみるのはアリです。

子供が喜ぶメニューもありますし、すべてのメニューにサラダバーとスープバーがついていますので、お腹が満たされないということはないです。

一人1,000円以内でお腹いっぱいなれるので、お腹減ったーという状態のときは、オススメです。

完全なる蛇足

「ロゼット」ってどんな意味なんだろう?と気になってしまいました。

調べてみると・・・

根出葉が地面に放射状に広がり、バラの花の形を呈するもの。多年草・越年草の冬越しの状態。タンポポ・ヒメジョオン・ナズナなどの葉にみられる。(コトバンクより)

だそうです。

勉強になりました。

この記事をシェアするShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です