Webディレクターの僕が楽天マガジンで目を通している雑誌11選

この記事をシェアするShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr

楽天マガジンはWebディレクターにとって最高のサービス

こんにちは、バケル(@bakerukun007)です。

楽天マガジンがPCで見られるよになってから、雑誌に目を通すことが多くなりました。

たくさんの雑誌をじっくり見ると、Web制作において活かせる部分がたくさんあるなと感じます。

やっぱり編集という、フィルタを通って世に出ているものは、クオリティが高いです。

今回は、Webディレクターという仕事をしている僕が、楽天マガジンの中で必ず目を通す雑誌をご紹介したいと思います。

仕事で活かすために見るというよりは、半分以上は趣味というか、興味本位で見ていますw

IT・ガジェット系

まず見てしまうのがIT・ガジェット系です。

Web系の仕事をしている人なら絶対好きと思われるジャンルです。

このジャンルの雑誌が充実してくれているのはめちゃくちゃうれしいです。

このジャンルは全部目を通しますが、ここでは特にコレというものを紹介します。

1.Web Designing

Webクリエイティブのための月刊『Web Designing』は、インタラクティブメディアのためのアイデアから技術、戦略、ノウハウなどを網羅したデザイン誌です。

やはりWebの仕事をしているので、Web Designingは外せません。

楽天マガジンを契約したのは、この雑誌が読めるからといっても過言ではありません。

2.flick!

ガジェット&ウェブ好きの人のために、スマートフォンなど定番ガジェットの基本ノウハウや話題のアプリの使いこなし方、最新情報などを分かりやすく丁寧に解説。気になる「今」のガジェット事情をお届けします。

情報量がちょうどよく、あまりマニアック過ぎないので、読みやすいガジェット系雑誌だと思います。

3.DIME

心(自己啓発、社内コミュニケーション・・・)、技(ガジェットや手帳、マネー情報・・・)、体(カラダマネジメント)など、ビジネスパーソンのための最新オン・オフ情報を厳選・提供するライフスタイルマガジン。

流行りものガジェットを知りたいときにかなり役立ちます。

4.GetNavi

読者の「賢い買い物」をサポートする新製品情報誌。話題のスマートフォンから薄型テレビ、デジタルカメラまでベストバイを断言!

新製品のことを知りたいときにはこの雑誌がイイですね。

ビジネス・経済系

5.日経トレンディ

これから流行るもの、すでに流行っているものを深く広く知るのに役立ちます。

6.日経ビジネスアソシエ

今話題の仕事術を知るにはもってこいの本です。

ガジェット系ばかりだと知識が偏ってしまうので、このような雑誌に目を通しておくと知見が広がります。

グルメ・トラベル系

7.OZmagazine

いずれ旅行・観光系・地域ポータル系のサイトを作ってみたいという思いがあり、写真の撮り方やライティング、デザインを意識して目を通しています。

8.週刊 東京ウォーカー+

目を通す理由は、Ozmagazineと一緒です。

地域ポータル系のサイトを作りたいという思いがあるので、近いジャンルの雑誌ということで参考にしています。

趣味・娯楽系

9.BiCYCLE CLUB

ロードバイクを趣味で購入したので、目を通しています。

自転車のメンテナンス方法なんかが丁寧に書かれているので参考になります。

女性・ライフスタイル系

10.LDK

いわゆるクチコミ情報雑誌です。

商品レビュー記事を書くときに、どのような視点で商品レビューをすればよいのかなど、参考になるところが多々あります。

11.日経ウーマン

「働く女性」の心理を知っておくことは、Webマーケティングにおいて重要だと考えています。

女性に特化した雑誌が”今”どんな特集を組んでいるか、という観点で目を通しています。

まとめ

楽天マガジンにはこれらを含む200誌以上の雑誌が読み放題です。

新しいWebサイトを制作するときには、まずはターゲットを想定するところから入るのが一般的だと思います。

そのターゲットがどのようなデザインやコンテンツを好むのか?

それをざっくり知るためには、そのターゲット層が読みそうな雑誌を楽天マガジンでチェックするのが手っ取り早いと思います。

雑誌読み放題サービスがなかったころは、コンビニや本屋さんで立ち読みしてましたね。

Web制作者にこそ、おすすめのサービスです。

 

この記事をシェアするShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です